Blue Flower

会員の感想から

二日間の集会、参加された皆様、お疲れさまでした。発表者のレポートから、そして参加者からの質問や意見から、私も多くのことを学ぶことができ、実り多い二日間となりました。

岸先生の講演です。事前に本を読んでいたので、お話を聞くのがとても楽しみでした。子どもとの関わりの様子が具体的にわかるとてもすてきなお話で、あっという間に終わってしまった感じがしました。最後に話していた、「荒れの中に発達要求がかくされている。それにより添い励ますのが教師の役割。困った子は困っている。」という言葉が特に心に残っています。

山本さんのレポートでは、元気な子どもたちを目の前にして、読み聞かせやお楽しみ会など学習・生活の中で様々な工夫をしてきたことがわかりました。私なら大変な状況になったら焦ってしまい空回りばかりしてしまうのですが、ひとしさんは「子どもたちに頼る」ことも大切にし、その中で子どもたちの優しさに気づいたり成長を見つめることができたところが良いなぁと思い、参考になりました。

中里先生の報告では、学級の係活動がすごい!と思いました。と同時に、私の今のクラス(五年生)の係活動を振り返り、私自身の反省点に多々気づかされました。残り三学期の係活動が中里学級のように生き生きとしたものになるよう、もう一度考え直します。学習のレポートの方はまだ全部読み切っていないので、冬休み中にゆっくりと読ませていただきます。

斎藤さんのレポートは、「ぼくのお姉さん」の授業をしたという実践報告でした。学級にはほとんど話さない子、言葉遣いの良くない子など、いろいろな子がいるけれど一人ひとりをとても大切にしていて、付箋に書いたことを拾ったり子どもとの会話からその子の気持ちを受け止めたりなど、春ちゃんの温かさが伝わってきました。「ぼくのお姉さん」のお話は初めて知りました。他にもシリーズがあるということなので読んでみたいと思います。(本屋さんに売っているのかな?)

村越先生の玉ねぎの実践、興味深く聞かせていただきました。レポートの中にあった「玉ねぎの未来予想図」のプリントは、他の野菜のときでも使えるなぁと思いました。参考にさせていただきます。最後の方に書いてあった井上さんへのお手紙の中で「農家をやってみたくなりました。」と書いた子がいました。きっと、玉ねぎの学習をする前はそう思っていなかったのではないかと思います。それが「やってみたくなった。」と思えたのは、草取りなど大変なことはもちろんあるけれど、それ以上に作る・育てることの楽しさや魅力を感じたからではないかと思いました。

関本先生です。ゴマを育てる実践は初めて聞いたので貴重な実践だと思いました。子どもたちが23500粒のゴマを数えたこと、ゴマに名前をつけたこと、パッケージデザインや説明を考えたこと、ただゴマを育てるだけではなく、子どもたちが夢中になって取り組める活動がちりばめられており、村越先生の玉ねぎ作りと同様、年間を通して子どもたちからゴマに積極的に関わっていく様子が伝わってきました。レポートとは全然関係ありませんが、マンゴーのグミがおいしかったです。

講座では、かけわり図などを使った視覚的にもわかりやすい模擬授業、そして各学年のポイントを整理したレポートなど大変参考になりました。昨年度、一緒に学年を組ませていただいたときにも「10の補数の下敷き」や「ダイヤモンドカード」を教えてもらい、実際に使ってみると、子どもたちは遊び感覚の中で数を身につけていくことができました。資料編では写真でもわかりやすく説明しているので、参加された皆さんも大いに参考になったのではないかと思います。

 


参加者の感想から(一部)

初めて参加しましたが、参加させていただいて本当に良かったと思います。仕事だけでなく、子育てにも役立てたいと思います(父母・一般)

今回初めて参加させていただきました。いろいろな実践講座はとても勉強になりました。先生方の熱意が伝わってきて、すごいなあと感心しきりでした。資料づくりでのアイデアとか、伝え方のポイントなんかもあって、つぎ、私も使っちゃおうかなと思ったりしました。おみやげもありがとうございました。自分がやっていることと少しリンクするところもあって、本当に考えてつなげる、久々に違う場所の脳みそを使いました。ありがとうございました。(父母・一般)

子どもたちの実態や取り巻く環境に即した様々な実践にふれることができて、勉強になりました。模擬授業で扱われていた分数の割り算は、いつも悩むところなので、今日も悩みながら考えさせられました。楽しい二日間でした。ありがとうございました。(教員)

講義をじーっと聞くタイプの研修が多い中、久しぶりに考えたり思い返したりできる研修に参加できたと、すごく充実した時間だったと思っています。なるほどと思ったり、そうそう、とうなずいたり、発見や確認ができる、「あ、今度やってみたい』と思える内容でした。職員の輪も大切ですね。ありがとうございました。(教員)

採用同期の先生に誘われて参加させてもらいましたが、同じような問題意識を持っている先生がたくさんいることがわかり、とてもよかったです。これからも一緒に勉強する機会をつくれればなあと思いました。ありがとうございました。(教員)